【Jリーグ】昨季の結果、今オフの移籍をまとめてみたよ【浦和レッズ】

浦和レッズ

昨季:6位(勝点58/17勝7分10負)66得点・56失点
ナビスコカップ:準優勝
天皇杯:3回戦敗退
ACL:グループステージ敗退

06年のJ1制覇以降、7年も国内タイトルから遠ざかっている浦和レッズ(以下レッズ)は特にクロス、セットプレーからの失点が多く、ペトロヴィッチ監督就任当初からミシャ(ペトロヴィッチ監督の愛称)サッカーの失点の多さは疑問視されていました。その結果、13年シーズンもこの弱点を克服することができず、リーグ最多の66ゴールを奪った一方で56失点を喫する結果となりました。監督就任以降、一昨年は札幌に続いてワースト2位。昨シーズンは大分、磐田、鳥栖に続いてワースト4位と失点の多さばかりが目立ってしまうのが現在のレッズの現状です。

主な戦力入れ替え
IN
GK西川周作(←広島)
西川周作
DF濱田水輝(←新潟/期限付き移籍から復帰)
濱田水輝
MF青木拓矢(←大宮)
青木拓矢
FW李忠成(←サウサンプトン/イングランド)
李忠成
OUT
GK大谷幸輝(→北九州/期限付き移籍)
大谷幸輝
DF山田暢久(引退)
山田暢久
DF野田紘史(→長崎/完全移籍)
野田紘史
永田拓也(→横浜FC/完全移籍)
永田拓也
MF小島秀仁(→徳島/期限付き移籍)
小島秀仁
MF野崎雅也(→福岡/期限付き移籍)
野崎雅也

今オフの移籍をざっくりとまとめてみるとこんな感じ。シーズンに向けて自信を持って黒字収支といえるほどの万全の補強ができたのではないかと思います。

多くの選手を放出したかのように思えますが、いずれの選手もペトロビッチ体制の現選力では2番手、3番手の選手だったため、戦力低下と言うよりは人員整理を行った印象。期限付き移籍のGK大谷、MF小島、野崎は実績を積んでまたレッズに戻ってきてほしいですね。

今オフの目玉は何といっても日本代表GK西川周作の加入。至近距離からのシュートにも滅法強い堅守はもちろん、並のフィールドプレーヤー顔負けの足元の技術を持ち、左右両足遜色なく使え、キック、フィードの正確性もリーグ屈指のGKだといえます。西川の獲得は「11人目のフィールドプレーヤー」そして「頼れる守護神」の両方を獲得したようなものだと言っても過言ではありません。昨年の年俸である5000万の倍、推定1億円という年俸からもペトロヴィッチ監督の期待の高さが伺え、その期待に応えられる選手だと確信しています。

↑昨年の天皇杯準決勝のPK戦はマジで凄かった。

広島時代にミシャサッカーの1トップで結果を残した実績があるFW李忠成は、現戦力の1トップである興梠と同じくポストプレーで起点を生み出すことができる選手でもあります。興梠とはタイプの異なる選手ですが、ゴールへの嗅覚は鋭く、日本代表でも結果を残しています。現状、興梠が1トップの一番手なのは間違いないですが、興梠の代役には十分すぎる補強だと言えます。
もっとも、李を獲得できたメリットは、1トップの選手層が厚くなったということだけではなく、むしろ広島時代に佐藤寿人との共存で相手に脅威を与えていたように、興梠、原口と1トップ2シャドーを組むことで得点力の底上げに繋がるのではないかという期待感が強いです。また、李がトップ下のシャドーの位置に入ることで、柏木をボランチで使えるようになり、そうすることによってビルドアップがよりスムーズになります。李の加入は、浦和レッズ全体の攻撃のバリエーションの幅を大きく広げる可能性があります。

↑李といったらやっぱりこれ。アジアカップがもう3年前とか…

MF青木拓矢に関しては、正直まだなんとも言えないのが正直な感想です。ハードワークができて、縦パスの制度が高い選手なので戦術的な親和性は高いものの、浦和のボランチは不動である阿部と鈴木。オプションとして柏木、那須とJ屈指の実力者がひしめいているポジションのためスタメンを勝ち取りミシャサッカーのスタイルに馴染むまではしばらく時間がかかりそうですね。

2014シーズン予想布陣
2014reds

怪我さえなければ昨季の不動のメンバーとあまり変わらないだろうと予想。

幸か不幸か、今季はACLがないのでコンディション調整に苦しむことはまずないだろうと思います。
前線、中盤、DFライン、そして守護神……各ポジションに日本代表クラスの選手で固めた今季の布陣は、J屈指の陣容だと言えるでしょう。
後はチーム全体での守備面での立て直しを図り、何かしら対策を練らなければ一昨季、昨季の二の舞となってしまいタイトル獲得も難しくなると思います。
攻撃的なサッカーを貫きつつ、守備へのアプローチができるか……これが今季のレッズの明暗を分ける大きなポイントです。

腹の調子が、正直、キツかったです。略してHSK(嘘です)

長野県高井富士スキー場。天気も良く初スノボーを楽しめました!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Pick Up…

PAGE TOP