【春休み】大浮世絵展

江戸東京博物館の「大浮世絵展」に行ってきました。

最近電車でよく広告を見かけていて気になっていたのと、のちのち教員免許取るんだったらこういうのもある程度知っておいたほうがいいだろなーなんて漠然と考えながらいざ両国へ。

どすこいどすこい←

江戸東京博物館

人、人、人…

平日の昼間だけど大盛況、なのに若者はほぼゼロ。

進撃の老人(←失礼)状態に圧倒されながらも、受付の人に一般料金払わされそうになって挙動不審になる精神年齢中学2年生の俺。

「浮世絵の傑作、大集合。」なんて宣伝文句、本当かよ…と半信半疑だったけど、いざ中に入ってみると誰もが一度は目にしたことのある超有名な作品ばかり!

ちょっとかじった程度の知識しかない俺でさえ

「あ!これ授業で扱った作品だ!」

と大興奮!!

やってて良かった進研ゼミ日本文学史。

個人的には東洲斎写楽がお気に入り。

この雲母摺り(きらずり)の作品を世に出した時は反響がすごかったんだろなーなんて小生意気に考えてました笑。

今回の展示は重要文化財に指定されている「3代目大谷鬼次の江戸兵衛」や「市川鰕蔵の竹村定之進」はなく(というか展示が終わってた)、大英博物館蔵の「4代目岩井半四郎の重の井」やシカゴ美術館蔵の「堺屋秀鶴」などなど、普段なかなか見ることができない作品まで展示されていて感動!

あとは歌川国芳も好き、というか作品が楽しい!

「猫の当字」や「日本駄右エ門猫之故事」とか、こういうポップでコミカルな要素が現代の漫画とかアニメに繋がっているんだろな…。

「相馬の古内裏」も見たかったな…(これは18日から展示予定)

なんだかんだで2時間くらい浮世絵の世界に没頭。

一個一個の作品にある学芸員さんの評も着眼点が鋭かったり個性があって作品への愛を感じました!

勢いで公式図録まで買っちゃった笑。

実物を見るって大切なことですね。大満足な一日でした!

ごっつあんです!!←

大浮世絵展

【春休み】大学生の春休みってマジで暇。

腹の調子が、正直、キツかったです。略してHSK(嘘です)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Pick Up…

PAGE TOP