ツナのジェノベーゼ。牛乳入れて正解だった。

金欠中でも手にするものや口にするものには拘りたい…ヲタク気質というかなんというか。

完全に我流ですが、参考程度にレシピを覚え書き。

んなわけで早速いってみましょう。

テケテッケテッケテン♪ テケテッケテッケテン♪
(3分クッキングのテーマソング)

 

パスタはディベッラの9番を使っています。

ここ最近通い詰めている新宿歌舞伎町の景虎さんでも使用されている、イタリアの本格パスタ。

プリッとした歯応えが病みつきになります。

パッケージ表記の茹で時間は6分なのですが、それだとちょっとだけ芯が残る感じがするので、1分追加し計7分間茹でています。

ここらへんはお好みですね。

 

茹でたパスタにツナ缶1つ、そしてバリラのジェノベーゼペーストを大さじ3杯。

この量が多いのか少ないのかなんとも言えませんが、あれこれ試行錯誤してこの量に落ち着きました。

そして今回は前回の反省から、このタイミングで牛乳をちょっとだけ入れました。

あまり入れすぎるとベチャベチャになってしまうと思ったので、若干ペースト感が残る程度で留めておきました。

ここらへんもお好みで笑。

 

あとは黒胡椒と粉チーズを適当にパラパラっと散らして完成!

ペースト自体にしっかり味がついているので、パスタの塩気だけで十分かと思います。

短時間でそれなりの味に仕上がるのでオススメですよ。

部屋の壁にフックを取り付けてみた。- MAZARINE WD TROUSERS (CURLY)

プレゼント貰った。 – スクエアカッティング ショートネクタイピン(THE SUIT COMPANY)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Pick Up…

PAGE TOP