インテル、EURO優勝のジョアン・マリオとリオ五輪優勝のガブリエウ・バルボサを獲得!勝者のメンタリティーを魅せてくれ!

インテルはポルトガルのスポルティングからMFジョアン・マリオ(23)を、そしてブラジルのサントスからサントスからFWガブリエウ・バルボサ、通称ガビゴル(20)を獲得したことを発表しました。

joao-mario-javier-zanetti-inter_wq5oz49ywlv13yfpesmk2hn4

この夏に行われたユーロ2016でポルトガル代表としてプレーし、優勝メンバーの一人となったジョアン・マリオは、この数日インテル加入が確実と伝えられてきた。

28日に行われた本拠地サン・シーロでのパレルモ戦の前にファンにお披露目されたジョアン・マリオは、「セリエA優勝は夢。チャンピオンズリーグ出場が真の目標」と意気込みを語っている。

なお、スポルティング側の発表によると、ジョアン・マリオの移籍金は4000万ユーロで、出来高次第で最大500万ユーロのボーナスがあるとのことだ。

インテル、スポルティングからジョアン・マリオ獲得を発表 – Goal.com

68948a4ec0cd77dcdbe5a0ee56ddca06ジョアン・マリオ・ナヴァル・ダ・コスタ・エドゥアルド(João Mário Naval da Costa Eduardo、1993年1月19日 – )は、ポルトガル・ポルト出身のサッカー選手。ポジションはMF。ポルトガル代表。

2004年、当時11歳で強豪・スポルティングCPのユースへ入団。2011年12月24日のUEFAヨーロッパリーグのSSラツィオ戦に出場し、Bチームに昇格する前にトップチームデビューを果たしました。2012-13シーズンからBチームに昇格し44試合2得点を記録。

joao-mario-pode-ir-para-inglaterraヴィトーリア・セトゥーバルへの半年間のレンタル移籍を経て、2014年にトップチームに昇格。2014-15シーズンからはレギュラーに定着しました。

CqygJQGUsAEd9f-ポルトガル代表として各年代でプレーし、U-15からU-21までの世代で計82試合に出場。2014年10月11日に行われたフランス代表との親善試合にてクリスティアーノ・ロナウドとの交代で76分から出場し、A代表デビューを果たしました。

2016年8月28日、セリエAのインテルナツィオナーレ・ミラノへ移籍しました!

 

GettyImages-595911544-min-2

ガビゴルの契約期間は2021年までの5年。

当初は2016年いっぱいサントスに残る可能性もあったガビゴルだが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、最終的にはインターナショナルウィーク後に加入するとのこと。『ガゼッタ』は移籍金が2900万ユーロ(約33億3000万円)と報じている。

リオデジャネイロ・オリンピックでブラジルの悲願だった初金メダル獲得を達成したガビゴルは、20歳の誕生日にインテル移籍が正式決定した形だ。

インテル、ガビゴル獲得を正式発表 5年契約が決定 – Goal.com

b3fb9_854_c3001b55_9410b429ガブリエウ(Gabriel)こと、ガブリエウ・バルボーザ・アウメイダ(Gabriel Barbosa Almeida、1996年8月30日 – )は、ブラジル・サンパウロ州サンベルナルド・ド・カンポ出身のサッカー選手。ポジションはフォワード(FW)。ブラジル代表。

メディアによってはガブリエウを「ガブリエル」、バルボーザを「バルボサ」「バルボザ」「バルボーサ」、または「ガブリエル・バルボサ」と表記されることもあります。

gabigol2004年、サントスFCのユースチームでキャリアをスタートさせ、2013年、トップチームに昇格し、5月26日のCRフラメンゴ戦、16歳でプロデビューしました。8月22日、コパ・ド・ブラジルのグレミオFBPA戦でプロ初得点を記録。

2014年2月1日、カンピオナート・パウリスタのボタフォゴFC戦でサントスの12000得点目となるゴールを記録。また、2014年と2015年のコパ・ド・ブラジルで2年連続で得点王に輝きました。

U-20ブラジル代表として2015年、南米ユース選手権に出場し、1得点を記録。

2016年5月にコパ・アメリカ・センテナリオに向けたメンバーに選出され、5月29日のパナマとの親善試合で代表初出場、初得点を記録。

20160822-00482981-soccerk-000-view2016年6月29日にU-23ブラジル代表としてリオデジャネイロオリンピックのメンバーに選出。大会では背番号「9」を着けてプレーし、6試合すべてに出場して2得点を記録。ブラジルのオリンピック初優勝に貢献しました。

2016年8月30日、イタリア・セリエAのインテルナツィオナーレ・ミラノへの完全移籍が発表されました!契約期間は2021年までの5年間で移籍金は推定2500万ユーロ。またブラジルメディア『UOL』によると、移籍金は2800万ユーロ(約32億1000万円)と伝えられています。

 

正直未だに信じられないです笑。

いやーついに来たか!って感じですね。

特にガビゴルはサントス時代から注目していた選手だったので、まさかインテルに来てくれるとは…

どちらも若くしてビッグマッチを勝ち抜いた“勝者のメンタリティー”を持っている選手なので、長年タイトルから遠ざかっているインテルの強力なカンフル剤となるのか、注目していきたいと思います!

『君の名は。』 興収60億視野の大ヒットスタート!主題歌を担当するロックバンド、RADWIMPSの人気曲をまとめてみた!

インテル前会長マッシモ・モラッティ、すでに今季のリーグ優勝を断念「監督交代が遅すぎた」…でも諦めたらそこで試合終了だよ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick Up…

PAGE TOP