ロシアW杯アジア最終予選の日本代表24名を発表!五輪代表から浅野選手、大島選手が選出!金崎選手のブチ切れ問題にもちょっと言いたい。

日本サッカー協会は25日、9月1日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第1節のUAE戦(埼玉スタジアム)と、6日の同第2節タイ戦(バンコク)に挑む日本代表メンバーを発表しました。

バヒド・ハリルホジッチ監督が都内で行われた記者会見で24人のメンバーを発表し、ミランFW本田圭佑、ドルトムントMF香川真司、インテルDF長友佑都、レスターFW岡崎慎司ら既存の主力メンバーが選出され、リオデジャネイロ五輪代表メンバーからはアーセナルFW浅野拓磨、川崎MF大島僚太の二人が呼ばれた。

一方、仏1部レンヌに加入し、ベンチメンバーから外れているベテランの川島永嗣は落選。また浦和DF槙野智章は負傷の情報が入っているものの、招集し状態を見るという。

日本サッカー界は、2014年ブラジルW杯でグループリーグ敗退を喫して以降、悪い流れに巻き込まれている。15年のアジアカップ・オーストラリア大会では準々決勝でUAEに敗れ、ハビエル・アギーレ前監督はスペイン・サラゴサ時代の八百長問題によって退任に迫られた。

そして今月に行われたU-23世代の世界大会であるリオデジャネイロ五輪では、守備陣の乱れから初戦のナイジェリア戦に4-5と敗れるなど、グループリーグ敗退に終わっている。負のスパイラルから脱却するためにも、2018年ロシアW杯出場権は是が非でも獲得したいところだ。

招集メンバーは以下の通り。

GK
西川周作(浦和)
東口順昭(G大阪)
林 彰洋(鳥栖)

DF
酒井宏樹(マルセイユ)
酒井高徳(ハンブルガーSV)
長友佑都(インテル)
太田宏介(フィテッセ)
吉田麻也(サウサンプトン)
槙野智章(浦和)
森重真人(FC東京)
昌子 源(鹿島)

MF
長谷部誠(フランクフルト)
山口 蛍(C大阪)
柏木陽介(浦和)
大島僚太(川崎)
香川真司(ドルトムント)
清武弘嗣(セビージャ)

FW
本田圭佑(ACミラン)
小林 悠(川崎)
宇佐美貴史(アウクスブルク)
原口元気(ヘルタ)
岡崎慎司(レスター)
武藤嘉紀(マインツ)
浅野拓磨(アーセナル)

W杯アジア最終予選の日本代表24名を発表! 五輪代表から浅野、大島が選出 GK川島は落選 (Football ZONE web) – Yahoo!ニュース

予想通りというか、なんというか。

20160825-01630633-gekisaka-000-1-viewスタッフ等、その他詳細は下のサッカー協会公式からどうぞ。

SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー・スケジュール アジア最終予選(Road to Russia)対UAE代表(9/1@埼玉/埼玉スタジアム2002)、対タイ代表(9/6@バンコク/ラジャマンガラスタジアム) | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

個人的には、今回は特にサプライズもなく、無難な人選だったと思います。

ハリルホジッチ監督でなくても、ほぼ変わらぬ人選をするのではないでしょうか。

以前、なにかの記事でセルジオ越後さんが「代表は人材を育てる場所ではない」と仰っていましたが、例えば今回の人選でも、首位の川崎から大島僚太選手を選出するのなら中村憲剛選手を招集するほうが全体的な戦力の底上げにつながったのではないかと感じます。

また、イングランド・プレミアリーグのアーセナルへ移籍が決定した浅野拓磨選手含め、海外のクラブに所属する選手は所属チームでレギュラーを獲得できていない現状で、コンディション的にも万全とは言いがたい状況なのではないかと思います。

少ない選択肢の中で…ハズレの少ない無難な人選をした、というのが率直な感想です。83705635-s

ブチ切れは悪いことなのか

daf345ef鹿島の金崎選手の件に関しては、メディアが過剰に反応しすぎな印象も受けます。

 日本協会は25日、W杯アジア最終予選UAE戦(9月1日、埼玉)、タイ戦(同6日、バンコク)に向けた日本代表24選手を発表した。バヒド・ハリルホジッチ監督(64)は当初は構想に入っていたFW金崎夢生(27=鹿島)を所属クラブでの問題行動を理由に無期限で“追放”することを明言。和を乱す選手に厳しい態度を示すことで、6大会連続のW杯出場を目指すチームの引き締めを図った。

規律を重視するハリルホジッチ監督が、問題行動を見過ごすはずがなかった。代表発表会見でリストに掲載されていない金崎の名前を自ら切り出し「リストに入っていたが、日本代表の候補があのような態度をとってはいけない。彼の態度は私には受け入れ難い。A代表の基準には達していない行動」と痛烈に批判。「この先のことは全く考えていない」と無期限で代表から追放する方針を打ち出した。

 問題行動が起きたのは20日の鹿島―湘南戦。途中交代にブチ切れた金崎は、石井監督の手をはねのけて握手を拒否。指揮官に怒声を浴びせた。試合翌日に謝罪したが、目に余る激高ぶり。11年にはU―21日本代表の練習中に柴崎と口論になり、つかみ合いになった過去もある。精神的な未熟さがA代表にふさわしくないと判断された。

 金崎は昨年11月12日のシンガポール戦で約5年ぶりに代表復帰。W杯アジア2次予選3試合2得点と結果を出していたが、ハリルホジッチ監督はチームの和を重んじた。リオ五輪陸上で銀メダルを獲得した男子400メートルリレーを例に出し「米国は1人なら速いが、4人なら日本の方が速かった。組織になれば日本は何でもできる」と強調。この哲学が、金崎への厳しい対応につながった。

 初戦の相手UAEは約2カ月に及ぶ合宿を実施中。日本は15年1月のアジア杯準々決勝で敗れており油断はできない。ハリルホジッチ監督はUAEの合宿に偵察スタッフを派遣して徹底分析。欧州組の移動を考慮して、試合を2日に変更することを画策したが、かなわなかった。「本当に厳しい戦いが始まる。誰もW杯出場権はくれない。野心を持って取りにいく」。ロシア切符を勝ち取るため、妥協は許さない。

 ▽途中交代に握手を拒否 鹿島FW金崎の問題行為 20日の湘南戦で先発した鹿島の金崎だったが、0―0のまま迎えた後半25分にFWファブリシオと交代を告げられて激高した。ピッチからベンチに戻る際、石井監督との握手を拒否。激しい剣幕で指揮官に向かって悪態をつき、その場にいたクラブスタッフに押さえられた。クラブは金崎を厳重注意とした。

ハリル監督リレー銀に学ぶ「和」重視 ブチギレ金崎無期限追放 (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

チームの士気をさげるだけだから外して当然、懸命な判断だという見方も当然その通りだと思います。

ですが…金崎選手を擁護するつもりはないですが、仲良しこよしでチームを組むよりも、勝負事に対してギラギラするくらい貪欲な選手がいたほうがいいんじゃないか、とも感じてしまいました。

それよりも…あれだけ酷評していた山口蛍選手を再度代表に復帰させたことのほうが意外でした。

ボランチは人材難ですね…

五輪は不完全燃焼で結果が出せなかった日本代表。

長い戦いになるとは思いますが、ロシア・ワールドカップへの道を切り開いてほしいと思います!

シン・ゴジラで石原さとみに「ZARAはどこ?」と聞かれたので、都内のZARAとマストバイをまとめてみた!

2016-17シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ本戦グループリーグ組み合わせが決定!香川, 岡崎, 清武の日本人選手所属クラブや死の組は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick Up…

PAGE TOP