プチ整形・・・眼鏡を新調してみた。


4月に健康診断がありました。

昨年と比べてそこまで変化がなかったものの、唯一気になったのが視力の低下。

そこまで実感はなかったものの、数値は左右ともにガクッと一段階落ちていました。

不思議なもので、気になりだしたら止まらない・・・

ちょっと遠くを見る時でも「あれ、ボヤけてる?」と感じるようになってしまいました。

これではただでさえ低い集中力に拍車をかけて気が散る一方。

・・・というわけで眼鏡を新調することにしました。

「眼鏡は顔の一部」とはよく言ったもので、もはや「顔が眼鏡の一部」と言っても過言ではない私。

たかが眼鏡、されど眼鏡。

眼鏡一つで印象が変わってしまうのでプチ整形に近いものを感じます。

そんなことを考えつつまだ見ぬ相棒を求めて、東京・上野まではるばるやってきました。

白山眼鏡店

目的地はアメ横から一本入ったところにあるこのお店。

毎回ここの前を通る度に「いいなーかっこいいなー」と指をくわえてショーウインドウを覗いていました。

びくびくしながらオシャレな店内に入ってみると、目の前には棚一面にズラリと所狭しと並んだ眼鏡達。

正直この中から探すのか・・・と圧倒されました笑。

あれこれ悩んで吟味し、店員さんとも相談しながら選び、その流れで検眼。

レンズの在庫もあったので90分後には完成しました。

そして今回選んだのがこちら。

眼鏡

ウェリントンとラウンドのちょうど中間のような形。

昔の小説家のような、レトロな雰囲気が漂う一本を選びました。

ニコンのレンズ

レンズは一眼レフでお馴染みニコン製。

やっぱいいわ、ニコン。

ウッキウキの状態で友人達に見せたところ

「小説家かお前はwwwww」

と盛大に笑われました。

最高の褒め言葉ありがとうございます←

ここだけの話、学生の身分ではちょっと背伸びをするどころか、軽く高飛びできるくらい高価な買い物でした。

でもフォーマルとプライベートを切り替えるスイッチ役に、

そしてこれを着けることで「今日も一日頑張るぞ!」とモチベーションアップにつながるように・・・

これから大切に使っていきたいと思います。

いやー買ってよかった!

母校の教壇に立ってみた。

熊谷うちわ祭りに行ったお話。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick Up…

PAGE TOP